検索

「綿棒技法」日本画描き方 動画あり

日本画を描かれる全国の皆さん

こんにちは、本地裕輔です。


今回は、綿棒を使った「ぼかし」を

開発しましたのでご覧下さい。

写真上 完成作品です。



墨で大まかにあたりをとります。

初心者の方は部分に目がいきがちですが

画面全体の「描く描かない差」や「遠目での見え方」を意識するのがポイントです。


「描かないところ」を空間にすることが、一番難しいと思います。


「アンテクシルバー」と「キラ」の濃淡で下書きをします。


綿棒に水をたっぷり含ませてかきます。画面にも霧吹きで水気をあたえておきましょう。


ほとんどデッサンの感覚で描きます。


綿棒を使うことで「木炭デッサン」のように描くことができます。

筆での「抑揚」をもたせたくないときに効果があります。


ちなみに、

綿棒は、ちょっといい綿棒を使ってます。


にじませながら描きます。↑動画



終盤に岩桃11番で、画面下半分を薄塗りして、上からの光を表現します。

初めから色を使うと要素が増えて仕事がむつかしくなります。



完成したら落款をしっかりと押します。



最後にX rideカラーチャートと共に撮影します。

綿棒を使うときは霧吹きをしないと紙が、「ももけて」しまいますので心配な方は水分を多めに描いてみてください。


日本画の描き方で、お悩みの全国の皆さん

メールからどんなご質問でも受け付けております。

お気軽にメール下さい!


147回の閲覧