top of page

【日本画展覧会】浅野秀和先生・松坂屋個展行ってきました!

全国の日本画ファンの皆様、こんにちは

日本画家・本地裕輔です。

浅野秀和先生の展覧会に行ってきました!


名古屋松坂屋


浅野秀和日本画展ーはなやぎー


会期:2023年5月24日(水)→30日(火) 最終日は16時閉廊

浅野秀和先生・個展

名古屋松坂屋美術画廊入り口です。



浅野秀和先生の略歴です。

1970年のお生まれ、名古屋を中心にバリ島でも展示をされております

現在は日本画美術団体「創画会」の「会友」でいらっしゃいます。(2023年5月現在)


牡丹の花はご自宅のお花を描かれていると伺いました。


バリの踊り子さんを描かれるイメージでしたが「能」のモチーフにも挑戦されており、華やかな展示でした。


浅野秀和先生と撮影していただきました。

浅野先生、改めてありがとうございました!

とても素敵な空間でした!


【以下・DMより抜粋】


このたび、松坂屋名古屋店美術画廊におきまして、五回目の個展を開催させて頂くこととなりました。 私にとってバリ島で出会ったものことは、自然に畏敬の念をもつことの大切さを思い出させてくれます。日本にも目を向ける機会となった3年間、そこで描いたものとバリ島で描いたものとをつなぐものとして「はなやぎ」という言葉に至りました。 バリ島の人も日本人も自然の中でその一員として生かされていることを理解していました。人間の力でどうにもできないこともあり、それ以上のものを「カミ」と畏れ崇めています。自然の生命力もまた然り。その精神性は純粋で美しいと感じます。それを画面にとどめることが出来ていれば幸いです。

浅野秀和


以下DMより

【浅野 秀和・略歴】

  • 1970年 愛知県生まれ

  • 1992年 金沢美術工芸大学卒業

  • 1993年 個展(ひろた美術ギャラリー/金沢)

  • 1995年 春季創画展初入選 以後出品

  • 1999年 創画展初入選 以後出品

  • 2000年 個展(ギャラリー悠/名古屋)

  • 2002年 個展(GALLERY IDF/名古屋)

  • 2004年 個展(ギャラリー名芳洞/名古屋) 岩絵の具の可能性を求めて(古川美術館/名古屋)出品

  • 2005年 個展(GALLERY IDF/名古屋) 「創樹会」(松坂屋名古屋店 ’06,’07,’09,’10,’11)

  • 2007年 個展(ギャラリー名芳洞/名古屋) 個展(アートスペース羅針盤/東京)

  • 2009年 日本画の今―若手作家の挑戦―(古川美術館/名古屋)出品 個展(松坂屋名古屋店 ’12,’15,’20)

  • 2011年 「ミニヨン展」(日動画廊名古屋店)以後毎年

  • 2012年 「リージョン展」(日動画廊名古屋店)以後毎年 「駿の会」(丸栄/名古屋 ‘14,’16,’18)

  • 2013年 「青美展」(名古屋美術倶楽部)以後毎年

  • 2014年 「新春展」(名古屋日動画廊 ‘15,’18,’23) 「山村博男・浅野秀和スケッチ展」(さいとう画廊/名古屋) 「俊英作家日本画展」(めいてつエムザ/金沢)

  • 2019年 個展(ARMA 美術館/Indonesia・バリ島)

  • 2021年 個展(GALLERY IDF/名古屋)

  • 2023年 「はなやぎ―浅野秀和日本画展」(松坂屋名古屋店)


パブリックコレクション:ARMA美術館/Indonesia・バリ島 現在 創画会会友


松坂屋HPはこちらから

https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/garou/tenran/2023/may_haynagi/



【おまけのはなちゃん】

近所の幼稚園の見学に行った

もとじはなちゃん




閲覧数:121回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page