top of page

【紹介動画あり】岸本浩希日本画展 風旅-光と風の景色-

更新日:1月13日





全国の日本画ファンの皆様、こんにちは。日本画家本地裕輔(もとじゆうすけ)です。


本日はぜひおすすめの日本画展覧会のご紹介です。



↑70秒の動画が流れます。

音量にご注意下さい。



岸本浩希(きしもとひろき)日本画展の

会期は2023年9月27日(水)から10月3日(火)まで 名古屋松坂屋本館8階美術画廊にて開催予定


【岸本浩希日本画展】

 風旅-光と風の景色-


のパンフレットが届きました。

【岸本浩希日本画展】

 「風旅」というテーマで旅先での出会った景色を描かれています。

岸本浩希さんは1982年に名古屋市で生まれ、旭丘高校の美術科で山口貴士さんも同級生です。

2浪を経て愛知県立芸術大学、日本画専攻入学されました。なんと岐阜のエソラ美術研究所所長・児玉宗之(こだまのりゆき)さんとも同級生です。

大学院の1年生の時に再興第92回院展に初入選をし2023年現在も院展に入選を続けています。

「光と風」をテーマにした今回の日本画展は海外の風景や愛らしい猫やカワセミなどの日本画作品が並ぶようです。


写真上・パンフレットの中身です。

卓越した描写力で書き出される色彩豊かな風景は圧巻です。




このたび松坂屋名古屋店にて、地元で初となる個展を開催させていただく事となりました。 愛知県立芸術大学を卒業して15年間、海外風景をテーマに様々な視点から制作をしてまいりました。 本展ではフランス、イタリアを主な取材地とし、新しい試みにも取り組みました。 まだまだ未熟な表現ばかりではございますが、ご高覧いただけましたら幸いです。

岸本浩希



2022年院展会場にて(写真左・岸本浩希さん)


岸本浩希(hiroki Kishimoto)略歴

  • 1982年 名古屋市生まれ

  • 2003年 愛知県立芸術大学 美術学部日本画専攻入学

  • 2006年 国際瀧冨士美術賞受賞

  • 2007年 片岡球子海外研修奨学金受賞 第62回春の院展 初入選 再興第92回院展 初入選

  • 2009年 愛知県立芸術大学大学院 美術研究科 美術専攻日本画領域 修了 日本美術院 院友推挙

  • 2013年 愛知県立芸術大学 日本画非常勤講師(~’15)

  • 2015年 郷さくら美術館日本画桜花賞展 奨励賞受賞

  • 2017年 個展(西武池袋本店)

  • 2018年 個展(阪急うめだ本店)(’20、’22)      個展(そごう横浜店)

  • 2019年 個展(そごう大宮店)

 現在 日本美術院 院友



第二画廊

【岸本浩希日本画展】 風旅-光と風の景色-

会期:2023年9月27日(水)→10月3日(火) 最終日は16時閉廊

松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊 〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号

地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口) / 地下鉄栄駅 16番出口より南へ徒歩5分




閲覧数:147回0件のコメント

Kommentare


bottom of page