検索

円柱のデッサン・描き方の疑問




『円柱のデッサン』


「だえん」の見え方に20年以上の疑問があります。




この疑問を

2020年・現在の日本で10位以内に

デッサン力があり、現役作家で愛知県立芸大でも現在、後進のデッサンの指導をしている

『木曽浩太さん』に相談しました。



本地裕輔の疑問ですが、

写真上・円柱を倒したとき、ふきだしの「広く見える」の部分です。


写真上

デッサンの入門書では、このように見るのが定番です。


十字の部分が、全て90度です。


理解はしているつもりですが、実際に見ると↑

やっぱり、私には広く見えます。。


この疑問について木曽浩太さんとの議論の結果


木曽浩太さんの回答は、以下2点でした。



①『明暗の変わり目』と『形の変わり目』のちがい

②『見下ろしのパース』


でした。


明暗の変わり目、の変わり目・・・



回答①詳細

写真上・卵の中心が大きく『形の変わり目でっぱり部分』ですが、

明暗の変わり目』は少し下の方にきています。

また、目の錯覚で白い部分は膨張して見えることもあり見下げたときに


形の変わり目を下に感じて、だえんが狂って見えてしまう


まさにそうです。


これが木曽浩太さんの回答でした。

納得しました。私の20年間のだえんに関する疑問にピリオドが打たれました。


 私が大学2年のとき、高校生だった木曽さんのデッサンの指導をしていました。

しかし、形のズレの無さや明暗の序列を「生徒である木曽さん」

とともに学び、考え、予備校の近所のファーストフードで授業後に

遅くまでデッサンの研究していた記憶があります。


そのときは、

「ジョッキをリアルに描くポイントは取手と口と水面の現象」

についてでした。


回答②のパースに関しては



カメラを近づけて極端なパースにしてみました。

青い線2本は底面にむけてすぼんでいきます。


「底面のだえん」「形の変わり目の明暗」

が混ざり合い錯覚が起こるのです。


あくまで今回は仮説ですので、この錯覚については今後も

引き続き解明を続けていきたいと思います。


木曽浩太さん、ご協力ありがとうございました!




#デッサン描き方






0回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.