検索

塩基性炭酸銅って??


塩基性炭酸銅

えんきせい、たんさんどう

日本画をお描きの初心者の方は、

なかなか、聞きなれない言葉ですね。


緑青は、塩基性炭酸銅を主成分とする緑色の顔料です。

原石は孔雀石です。


平たく言えば、銅のサビです。

このサビは200度で分解することが出来、水には解けないサビです。

加熱すると、酸化銅の煙が出て、めっちゃサビの臭いがくさいです。。


でも、なんか綺麗な絵の具ですね。


写真上の、右が焼いた緑青、

いや、

塩基性炭酸銅です。

日本画初心者の皆さん、是非、教室で

「えんきせいたんさんどう」

使ってみて下さい。

講師も、ビックリ?!

かもしれません。

本日名古屋は、朝方まで雨です。

昼以降は晴れます

最高気温16度まであがります。


84回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.