検索

学部2年の作品



愛知芸大の学部で23歳の時の作品です。

2年生の夏休み明けすぐの2学期9月の風景課題の50号です。

夏の台風が過ぎ去った後の静かな港の風景を絵にしました。

画面の真ん中を何も描かずに開けています。

この作品の前までは画面の真ん中にモチーフを詰め込んでましたが、

実験的に『間』を作ってみました。

自分の中では日本画の古典の構図を研究する機会となった作品です。

対岸の向こうの風景なども思い切って省略して描いてみました。

大学の日本画展にも出した作品です。

現在の日本画作品と『空間の出し方』の部分において考えている内容は

良くも悪くも全く同じです。。

余談ですが、同期の岸本浩希さんはこの2年の日本画風景課題の時に

夏休みにスケッチしたイタリアのアーチ型のレンガの風景と人物を鮮やかな色彩で描いておりました。

こう考えると岸本さんも現在に繋がっている制作です。

本日名古屋は雨が激しく降っています。

#日本画描き方

0回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.