検索

布海苔


日本画を描かれる初心者の方

『布海苔』 

お使いでしょうか??

この布海苔の成分『フノラン』に『ダイエット効果』があるのです



2月から4月にかけてが『布海苔』の採取期です。

寒い時のものほど美味しいといわれています。

日本画では和紙に縁蓋や雲母などの装飾をつける時に用いられることもあります。


なんと最近、布海苔に含まれる

『フノラン』

という成分が

『ダイエット食品』として注目されています。

昆布やワカメのアルギン酸、フコダインを

『フノラン』ははるかに超えるネバネバ成分を持っています。

ちょっとした『なめこ』や『オクラ』でしょうか。

『フノラン』の『多糖質』にコレステロールを下げる作用があるらしく、

この成分を使った健康食品なども開発が進んでいます。

日本人の『腸』には海藻が一番ですからね。


古くには食用よりも『糊』としての用途のほうが主でした。

よく煮て溶かすと、細胞壁を構成する『多糖類』がゾル化してドロドロの糊状になります。

接着力はあまり強くはないため、この性質を利用し日本画では裏打ち、金箔貼り、『縁蓋』(マスキング)として使われています。

ですが、

布海苔は見るからに『食物繊維』の塊ですね

接着剤としての糊ではなく、織物の仕上げの糊付けに用いられる用途でした

「布糊」という名前は『織物の布』に由来するものと思われます。


写真上、お湯で溶かした布海苔です。

粘度は『ポストイット』くらいをイメージしてください。

この『フノラン』日本画をお描きの方

全員が取れる成分です。

私、本地裕輔も実際に布海苔を食べてみました、

味はないですが、粘りがやっぱりすごいですよ!

布海苔をお持ちの方は是非?!お試しください。

本日名古屋は夜は雨です。

傘を持ってお出かけください。

日中は15度と暖かくなります。


0回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.