検索

日本画 描き方 大下図 トレース


日本画を描く際、

大下図のトレースでのボールペンの太さ選びでお困りの方、

多いと思います。


日本画の大下図が完成した後に、トレース作業があります。

一般的には『赤・ボールペン』でトレースします。

どの部分をなぞったかわかりやすくする為です。

人によっては大下図をコピーして保存おき、

また違うサイズで作品を制作する方もみえます。


院展のサイズの日本画のトレースは、0.7ミリボールペンで描きます。

150号に対して細い線だと墨入れが遠くから見えません。


また、4号〜10号の日本画の作品は0.25の水性ゲルインキで描きます。

滑らかで、筆圧によってかなり細い線が引けます。


自宅付近、早咲きの芙蓉が咲いてました。

明日7/17は、名古屋みなと祭りですね。花火3000発上がります。

#院展 #日本画描き方 #日本画

129回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.