検索

日本画 描き方 春の院展 地塗り

日本画を描かれる全国の初心者の皆さん、


「地塗り」でお困りの方、多いと思います。


胡粉を混ぜたり、黄土で描いたり様々な下地がありますが、どの描き方が良いのでしょうか。


今回は本地裕輔の『地塗り』をご紹介します。


写真上、春の院展正方形サイズの『地塗り』の状態です。

この上に、線描きをしていきます。


この段階で完成した画面のグラデーションを意識しています。

完成の全体の雰囲気を初めから意識して塗る地塗りです。


刷毛は2本を重ねて、「刷毛ムラ」をわざと、作りながら塗ります。


画面全体に手を入れておくと、真っ白な紙の時より、緊張せずに描けるようになります。


色々な黄土を試しましたが、この、『薄墨黄土』に墨を混ぜるのが一番いいです。


ほとんど和紙に近い色の黄土ですので、

違和感なく、描きやすいです。


ダイソンの扇風機も、試しましたが結局この形の扇風機が、一番使いやすいです。



日本画を描かれる皆さん。

是非、参考にしてください。


また日本画の描き方に関するご質問は、メールから受け付けますので、お気軽にどうぞ。


#日本画描き方

#春の院展

#愛知芸大

#日本画


725回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.