検索

日本画 描き方 春の院展 特厚か厚口どちらがいい?

日本画の描き方で、お困りの初心者の方。


高知麻紙「特厚、厚口」


どちらを院展用に貼るべきか、お困りの方多いと思います。


この2枚を春の院展の正方形サイズに張って検証してみました。


特厚の水をつけていない状態です。紙の厚みが「薄美濃紙.1枚分」くらい、厚口よりあります。


水を塗るとパネルが透けます。


この段階は紙の厚みがよく見えます。

ほとんど変わりませんが、水を吸った厚口の方が、紙がパネルに沿って僅かに曲がります。


特厚は、水を付けても、曲がりません。



写真上、ほとんど変わりませんが、厚口の方が、ほんの少し、透けます。



ホチキスで止めていきます。

椅子は、予備校時代の高椅子で水張りをします。


貼り終えました。


実際には、ほとんど差はないのが実情ですので、絵の具の濃度や画材に応じて使い分けても良いかもしれません。


しっかり盛り上げる方は特厚が良いと思います。


#日本画描き方

#春の院展

#高知麻紙

#雲肌麻紙

0回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.