検索

日本画 描き方 椿


日本画の描き方でお困りの初心者の方、多いと思います。

今回はF4号の、描き方です。


写真 完成作品です。

雲肌麻紙に岩絵具で、描いています。


描き出しです。

大まかな線描きをします。 この段階で構図が決まるので、なるべく画面から離れて見ます。


線描きの後に墨で調子を思い切ってつけていきます。


筆は面相筆で、墨の筆、水だけの筆の二本で描きます。


墨と胡粉で、ある程度、デッサン的にモノトーンで立体を出します。

この後、胡粉で立体感を消していきます。


淡口金茶を、全体にかけて、乾いたら刷毛で画面をあらいます。

扇風機で、乾かします。

日本画は乾くと白っぽくなるので、絵の具へ入れる水の量で、調整します。


即妙筆で、細部を整えて完成です。一度濃い墨で描いたものに、絵の具を

『かける』ことで独特な色彩が得られるのが、岩絵具の特徴です。

日本画の描き方は、池下アートクラブカルチェラタンにて

『本地裕輔教室へのリンク』もございます。

お気軽にご予約、見学してください。

本日名古屋は、高気圧に覆われ晴れます。

☀️最高気温は30度で、カラッとした暑さになります。

#日本画 #日本画描き方

606回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.