検索

日本画 描き方 白土



高松塚古墳の壁画の白色は、白土で、描かれています。

高松塚壁画は、

当時の日本画顔料の鉛白は使用されておらず、ほんのりクリーム色の白土が、下地となっています。


白土はケイ酸.アルミが主成分です。

ケイ酸は、花崗岩の成分です。

水の吸収が良く、胡粉と混ぜて下地に塗ると、なめらかな表面を作れます。

院展の作品の下地にも、使います。

愛知県田原市で採取される白土です。

とにかく滑らかです。

#院展 #日本画描き方

147回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.