検索

日本画 描き方


日本画の描き方や制作手順でお困りの初心者の方、多いと思います。


本地裕輔の変形80号サイズ

日本画の描き方の手順をご紹介します。


●写真上 完成作品です。船が停泊している様子を作品にしました。


●写真上 墨で『アタリ』を画面にとっています。


使用している筆は『鼬(イタチ)長鋒面相』です。

コシがあり、絵の具の含みも良い筆です。

●高知麻紙に描いています。

複数の墨線を引きながら画面で正確な形を探っています。

●手前の木から、奥の船までの距離感を気にしながら、

前後の空間をイメージしながら墨で線を引きます。

●日本画を描く場合は、制作中盤までは、画面を寝かせて描きますが、

離れて全体を見る場合のみ画面を立てています。


●写真上 『墨のあたり』が完成です。


日本画の描き方では、この段階は線に抑揚をつけないことが多いです。


絵の具で描く際に、線の太さに抑揚があると、彩色の時に塗りにくい場合が多いです。


●写真上 

日本画画材の『岩絵の具』で盛り上げていきます。

●日本画の描き方では、描き初めの盛り上げは『9番〜12番』

が無難でしょう。

それ以外の番手は、作品にもよりますが、

『細かすぎる岩絵の具の厚塗り』

はひび割れやすく、


『粗い岩絵の具』は細かな描写がしにくくなります。



● 岩絵の具での盛り上げが画面全体に入りました。

この段階ではほとんど、『彩度』を気にしていないので、空間を意識しながら、岩絵の具を乗せています。


最終的には岩絵の具でカラフルにしたい方もまず

デッサン的に描いていくと、画面が見やすい思います。


●写真上 波の部分を箔を貼り潰します。


日本画の描き方では、岩絵の具で盛り上げた後に箔を貼って削る方法があります。

箔が岩絵の具の隙間の凹み部分に入り込み、削ると凹部分のみが光る技法です。


● 写真上、箔を洗い出しました。

●この時は目の細かいスポンジで、屋外で箔を削りました。

室内で行うと、箔が舞うのでとんでもないことになります。

●日本画の描き方によっては、箔を使って画面の抵抗感を出す場合に用いる技法です。この段階まで来ると、全体の印象が見えてきます。


●写真上 完成です。

最後に『白緑』の岩絵の具や、水面の調子を胡粉で整えています。

(日本画・描き方・手順・初心者)

#日本画描き方

#本地裕輔

#春の院展


0回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.