検索

日本画 描き方150号「レイ・トレーシング」技法

日本画の描き方でお困りの初心者の皆様。

今回は本地裕輔の150号の手順を紹介します。


今回は地面からの照り返しの光の「反射光」に注意しながら描き進めました。

※レイ・トレーシング ray tracing  ray(光線)


(現実世界でどのように光が動き、物体表面でどのように反射するかを絵画的に操作する手法です)


この言葉が かっこいいので

日本画の業界では使われていない言葉ですが。光源操作にあえて名前をつけ

「レイ・トレーシング」と呼ぶことにしました。


岸本浩希さん、山口貴士さんも自分の光源設定を持っており

無意識で「レイ・トレーシング」をしているのが現状です。


墨で小下図を見ながら調子をつけていきます。

画面の主役となる部分から描きます。固有色は考えずにモチーフの『垂直』の部分のみに

墨を置いていきます。

地面からの「反射光」もこの段階から意識します。

「反射光」(モチーフの『上』が濃くて『下』が薄くなります)

墨ではコントラストが出ないので『藍墨色』(らんぼくしょく)も併用していきます。

描き進めても初めと見え方のバランスは『全く同じ』です。

反射光を強く意識しています。


描きだしは『色』を使うと画面が混乱するので「無彩色」でデッサン的に描き進めます。


『珪灰末』

『墨灰末』

を中間色に使用しています。

白は『紙の白』です。

おおむね、白黒での見え方ができたので色を入れていきます。


マスキングテープで、直線の「修正」をします。

どうしても筆だと描き進むと『ぐにゃぐにゃ』してしまうので、有機物と無機物の差をしっかりと描き分けます。


銀箔をアクセントで 『ちらし』ます

雨の光る感じを銀箔で演出します。実際の景色はのっぺりしていますが、

「レイ・トレーシング」をかけていきます。


※レイ・トレーシング ray tracing  ray(光線)


(現実世界でどのように光が動き、物体表面でどのように反射するかを絵画的に操作する手法)

写実日本画では、「前光」「逆光」「斜光」を1枚の画面に光の量も変えて描き込むことで印象を強くできる。


ちなみに石膏デッサンで同じ光源からのトーンを正確に再現できることがレイ・トレーシングを自在に扱うための前提条件となります。

やっぱり石膏デッサンて大切ですね。

最後は全体に 珪灰末を薄くかけていきます。

少し緑と青の不思議な色合いの絵の具です。仕上げに使うと「奥行き」が出る気がします。



額縁をつけて完成です。

日本画の書き方でお困りのことがありましたら、メールからお気軽にご質問ください。


全国の日本画教室の方々からご質問を受けております。


157回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.