検索

日本画 風景 描き方

日本画の描き方でお困りの初心者の皆様。

今回は本地裕輔のF6号の制作過程の紹介です。

水張りは、同時にたくさんしておきます。


一回ずつ分けて

貼るとかえって大変です。


墨灰末11番と黒口鼠9番で描き出します。

下地は緑灰末11番を薄くひいておきます。



得慶軒のうるし平筆で水気を完全に切りながら、描いていきます。

絵具のジャリジャリした感じで

「ひなたの質感」をオーバーに描きます。


ここで水気が多いと「乾いた質感」が出ません。。



サーキュレーターで乾かしながら他の絵にも少しずつ手を入れます。


藍墨色11番を大めに使って色幅を確認しています。



細部の描き込みを面相筆でします。

この段階まで、乾いた平筆と面相筆を多用してます。



ニワトリのトサカをコチニールで描いて

発色をあげます。



印泥をよく練って、落款を押します。

あまり強く押すと、紙がへこむので軽く押してください。




金の雲母を少し薄くかけて完成です。

建物の見え方と草原の対比に注意して仕上げました。


額装して全体の雰囲気を見ます。


日本画の描き方でお困りの方はメールから質問も受け付けています。

お気軽にご質問して下さいね!

#日本画描き方







350回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.