top of page

東京都美術館・2023年第108回院展 レセプション行ってきました!

全国の日本画ファンの皆様。

こんにちは日本画家の本地裕輔です。



2023年9月1日(金)より東京都美術館にて2023年第108回再興院展が始まりました。

東京都美術館といえば、この銀の彫刻?ですよね!



展示室ごとに「院展」の大きな看板があります。


院展会場にて撮影しました。

今回は地元「名古屋港」の南極観測船ふじをメインに描きました。




院展会場は、初日ということもあり賑わっていました。


初入選の方で、面白い構成の作品もありました。

中嶋 純花 (なかじま すみか) 「さよなら讃歌」 初入選




出口には今回の推挙の方や受賞者の名前が貼られていました。



大観賞の水野淳子さんは、名古屋河合塾で一緒に浪人していました。ガッタメラータを一緒に描いていました。水野淳子さん受賞おめでとうございます。

初入選は愛知県から10名もいらっしゃいますね。

愛知芸大すごい。



愛知芸大出身の松浦主税先生に作品を見た後で

コーヒーをご馳走していただきました。

松浦主税先生、ありがとうございました。



再興第108回院展のレセプション会場です。

上野精養軒です。



豪華なシャンデリアの間です。



ご飯も美味しそうですね。



今回、日本美術院の「特待(とくたい)」になられた牧野環先生(右)

牧野先生おめでとうございます。

牧野先生は私や岸本浩希さんが学生の時に助手さんで、古美術研究旅行などに一緒に行ったり、プライベートで泊まりでスケッチなども行ったことがあります。


あっという間のレセプションでした。

院展は

2023.09.01(金)~ 2023.09.17(日)まで東京都美術館で開催しています!


以下日本美術院公式HPより


第108回院展


会期2023.09.01(金)~ 2023.09.17(日)


開催時間午前9時半~午後5時半


会場東京都美術館


入場料一般:1,000円、シルバー(70歳以上):800円、大学生以下無料


主催日本美術院特記事項○イベントのご案内○


講演会「日本画について」田渕俊夫理事長

9月3日(日)14時~ 東京都美術館講堂


ギャラリートーク(第一公募展示室より)

倉島重友 同人・評議員 9月9日(土)14時~


手塚雄二 同人・業務執行理事 9月10日(日)14時~


村上裕二 同人・評議員 9月16日(土)14時~




【おまけのはなちゃん】

白鳥庭園で橋を渡るはなちゃん





閲覧数:394回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page