検索

楚里勇己さん

日本画家.楚里勇己さんの個展が

名古屋松坂屋にて、

2020.8.4まで開催されています。


松坂屋の方に許可を得て撮っていただきました。

新型コロナウィルス対策で入口には、アルコールが置かれています。



入って正面には、たくさんのアネモネの描かれた華やかな大作が目を惹きます。



金色と白と赤の色彩の組み合わせが綺麗ですね。



会場では、楚里さんのアトリエと画廊をつなぎ、リモートで近況を報告しあいました。東京の感染状況はやはり大変なようです。

楚里さん、お忙しい中ありがとうございました。



楚里さんは1985年愛知県長久手生まれで2010年に東京藝術大学を卒業され現在は千葉県にて作家活動をされています。

郷さくら美術館・鳥羽グランドホテル・ホテルオークラ福岡・千葉銀行などにも作品が収蔵されています。


同期には作家の『木曽浩太さん』や『永井翔彩さん』らがおります。


ウィンドーには色とりどりの大作が並んでいます。

とても華やかな壁面です。




黒の「立葵」の作品も素敵でした。

楚里さんのスケッチの観察がそのまま生かされており、あたかもそこに本物の花が実在するような描写力です。


楚里さんの個展は


松坂屋名古屋8F美術画廊

会期:2020年7月29日(水)→8月4日(火)最終日は16時閉廊


となっております。




楚里勇己さんのHPはこちらからリンクしています

https://www.sori-yuuki.com



松坂屋の楚里さんの展示情報はこちらから

https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/garou/tenran/2020/july_sori/






#楚里勇己 #日本画




0回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.