検索

多摩美大-日本画 江口暢彌先生 現代アート個展2019.5.11土〜5.26日曜

名古屋市千種区鏡池通りの、「ギャラリーN」

にて、江口暢弥先生が個展を開催中です。

画廊のオーナーと、江口暢彌先生に許可を得て撮影させていただきました。

江口先生ありがとうございました。


江口暢彌先生は、現在バルセロナで、作品を作られており、個展の会期後はまた、すぐに戻られるようです。


パネルを、立体でつくられています。


画廊の入り口です。


ギャラリーの離れにも作品が展示されています。


江口暢彌先生ありがとうございました!


gallery N へのリンク


#江口暢彌




以下 HPより抜粋


gallery N ではバルセロナ在住のアーティスト、江口暢彌「square on unsquare」を開催いたします。江口は木を削った土台に麻布を巻いて石膏を塗って削って土台を作ります。その上にマスキングテープを貼って絵を描いてその上に色を塗って剥がすというユニークな手法で作品を制作します。今展ではバルセロナで制作した最新作を発表します。是非、ご高覧ください。


江口暢彌「square on unsquare」 2019.5.11 sat - 5.26 sun 13:00 - 20:00 (水曜・木曜日休廊) 初日は18時から 最終日は 18時 まで 5.11 sat 19:00- オープニングトーク

gallery N 〒464-0816 名古屋市千種区鏡池通3-5-1 TEL: 052-781-0081

私達はいつも何かを通して見ています。印刷物やPCで見る絵は物質的ではなく目に映るイリュージョンですがその絵であることに違いありません。また実物を見ても近視の人はメガネやコンタクトレンズを介して見ていますし、誰もがそれまでの経験や知識のフィルタを通して見ています。

その時私は面白いと思うのですが、、、作品はどこにあるのでしょう?鑑賞者と作品の間に生じることはどこで起っているのでしょうか?作品が分かるという時それはどのようなことなのでしょうか?

物質とイリュージョン、可視と不可視、2Dと3D、領域の内と外。。。既に見たはずのものが未知のものに感じられるジャメヴ(未視感)について考えます。誰もがそれまでの経験や知識または好みのフィルタを通して見ていると思いますが、その切断と接続を試みています。

絵画とは何かを問う絵画のことをメタ絵画だとすると、私の作品もまた今その問いに答えるためのシンプルなシステムと見ることが出来るだろうと思います。(江口暢彌) ●略歴 1970 三重県生まれ 1996 多摩美術大学大学院 美術研究科 修了 現在、バルセロナ在住

主な個展 2016 ”Unsquare“ gallery N/名古屋 2016 "unsquare" art gallery closet/東京 2015 "アンスクエア Unsquare" ギャラリー6坪/新潟 2014 ”確からしさのバランス/Balancing Probabilities” Gallery惺SATORU/東京 2013 ”うつろう絵画” gallery N/名古屋 2010 ”江口暢彌展" ギャラリー6坪/新潟 (2005,2007) 2009 “unidentified” art gallery closet/東京 2005 ”気色” Gallery惺SATORU/東京 2003 ”目で触る” すどう美術館/東京 (2001)

主なグループ展 2018 ”DelicARTessen” galeria esther montoriol/スペイン(2015,2016,2017) 2018 あしかがアートクロス ”CON展 -2018 en ASHIKAGA-” 松村記念館/栃木 2017 "Hipermerc'art" MORITZ STORE at Fabrica Moritz/スペイン 2017 ”ESSA-EFA (sci-fi)” LA CERVERINA D'ART/スペイン 2017 "MY ap.pr 2017" Shonandai MY Gallery/東京 2016 "[INTER]CANVI paisatges compartits" Artèria/スペイン 2016 ”DelicARTessen” galeria esther montoriol/スペイン(2015) 2016 ”紙の上の思考/Thoughts through Drawings” Gallery惺SATORU/東京 (2015) 2015 ”[INTER]CANVI, Artistes internacionals de CACiS” Artèria/スペイン 2015 ”DanDans - Une nouvelle génération d’artistes japonais” Galerie BOA/パリ 2015 ”SENSIBILITAT TÓQUIO Exposició col·lectiva” LA CERVERINA D'ART/スペイン 2015 ”DanDans - Une nouvelle génération d’artistes japonais” Item éditions/パリ 2014 ”A Collective of Japanese Emerging Artist” Henning von Zanthier, LL.M./ベルリン 2013 ”A Collective of Japanese Emerging Artist” Browse & Darby Gallery/ロンドン 2013 ”Energy for us -from the artists’ point of view” ヒルサイドフォーラム/東京 2013 ”Parts / Whole” Gallery惺SATORU/東京 2013 ”mille-feuille” Gallery惺SATORU/東京 2012 ”Dandans” Frederick Harris Gallery Tokyo American Club/東京 2012 ”SHOWCASESHOW” MEGUMI OGITA GALLERY/東京 2011 ”CHARITY AUCTION” 六本木ヒルズクラブ森タワー/東京 2011 ”Hierher Dorthin -ここから、あちらから-” ドイツ文化センター/東京 2011 ”The Lounge” 銀座ブルガリタワー8F プライベートラウンジ/東京 2010 ”FLOWERS ~like a wildflower~” Gallery惺SATORU/東京 2010 ”DANDANS at No Man's Land” 旧フランス大使館/東京 2009 ”真夏の夢" 椿山荘/東京 2008 ”The House” 日本ホームズ住宅展示場/東京 2007 ”CUTTING EDGE 1” HOTEL DASSAULT /パリ 2007 ”Face -Reflection of Color and Figure-” Gallery Concept 21/東京 2007 ”HORS LIGHE” Gallery惺SATORU/東京 2006 ”白と黒ってどう?” Gallery Concept 21/東京 2005 ”DOLCE VITA” Espace Beaurepaire/パリ 2005 ”WAVE AGE” すどう美術館/東京 2005 ”定点2005-それぞれの世界-” Gallery惺SATORU/東京 (2004) 2003 ”ART@KI塾-大地の芸術際関連イベント-” /新潟 2003 ”若き画家からのメッセージ展” すどう美術館/東京 すどう美術館賞受賞


81回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.