top of page

第108回院展を制作しています

全国の日本画ファンの皆様、こんにちは

日本画家・本地裕輔(もとじゆうすけ)です。


7月に入りましたね。セミの鳴き声がちらほら聞こえ始めました。

愛知県の梅雨明けはもう少し先のようですが。。

7月現在 再興第108回院展の制作の真っ最中です。


今回は「名古屋港」をパノラマ(横画面)で描いています。

生まれ育った名古屋港の景色を日本画にしています。


常に試行錯誤しながら模索して描いています。

きっと、山口貴士先生や岸本浩希先生も院展の暑い夏?を過ごしていることと思います。


2023年8月上旬の愛知芸大での院展の本画研究会に向けて描き込みます。

山口貴士さんも岸本浩希さんも藤城正晴さんも夏バテしないように描き込んでください!


早朝のマラソンもなんとか続けています。

絵を描くために体力作りもなんとかしています。



【おまけのはなちゃん】

岸本浩希先生ともとじはなちゃん

岸本先生の大須のお店にて撮影






閲覧数:193回0件のコメント
bottom of page