検索

院展 割りパネ つなぎ目 補修の仕方


2018第103回院展の制作が佳境に入ってらっしゃる出品者の皆様、

パネル裏、

ボルトのネジが、木に食い込んでお困りではないですか?


写真上、木の食い込み部分に補修した状態です。


↑写真上、木の補修に使用した材料です。ネジすべり止め駅と木工ボンドを1:1で、よく混ぜて塗りました。


砂鉄のような塗料です。


木工ボンドも混ぜてあるので、鋼鉄のような接合部が出来ます。


↑写真上 ガッチリ鉄が木に、

はまってます。


日本画の愛知芸大の方はみなさんこの、道具箱でワッシャーを管理してる人が大多数です。


金のボルトはレアなボルトです。

割パネルの凹みで、お困りの方は、本地裕輔までご連絡ください。


0回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.