top of page

鷺山でのスケッチ

全国の日本画ファンの皆様、こんにちは日本画家・本地裕輔(もとじゆうすけ)です。

岐阜県・鷺山に登り「金華山」を描きました。

この日は小雨でしたが朝6時に山頂につきました。


「鷺山」は標高68メートルなのでそこまで高い山ではないので15分くらいで登ることができます。


また、鷺山城は斎藤道三の隠居した城としても有名です。


鷺山山頂から長良川方面の金華山を墨で描きます。

手前の木から遠くの金華山までの「遠近感」を意識して制作しました。



 東海道新幹線名神高速道路の建設用土砂の採取のため鷺山の一部が使われているそうです。鷺山の北側が削られています。

この時鷺山城の礎石と思われる石が発見されたそうです。


鷺山公園の入り口です。

6月なのであじさいが満開でした。


場所を変えて鷺山全体も描きました。

平らな形が特徴的です。


どこかのタイミングで、鷺山を日本画にできたらいいなと思います。


(また、2024年6月下旬は院展の下図研究会があります

今年は山口貴士さんや岸本浩希さんがどんな院展の作品を描くのかも楽しみですね。〕




【おまけのはなちゃん】

朝のおさんぽをおさする・6月のはなちゃん

閲覧数:51回0件のコメント

Comments


bottom of page