検索

2019.5/21(火)-23(木)迄、青美展 日本画グループ展-4号出品します

2019.5.21より3日間、名古屋栄の名古屋美術倶楽部の4階にて第8回青美展に


4号の雨牡丹を、出品します。


愛知芸大の日本画の出品者に加えて、創画会の浅野秀和先生や、岡村智晴先生、福本百恵先生など、普段ではなかなか実現しない展覧会です。


本地裕輔、雨牡丹 4号



矢場町のロフトのスタバ交差点のすぐ横に建物があります。

地下鉄矢場町より、徒歩5分くらいです。


是非、お越しください。


●日本画出品者


浅野忠


浅野秀和

#石谷雅詩


梅村愛

大平由香理

#大矢亮

#岡村智晴

小川国亜起

加藤厚


#加藤清香

#金澤尚武

#河本真理


#岸本浩希

#熊谷曜志

#鈴木靖代

瀬永能雅

#玉井伸弥

中神敬子

#南里康太

馬場弥生

林真

#阪野智啓

#平田望

#廣田晴彦

#福本百恵

#松浦主税

宮治綱 #武蔵原裕二

本地裕輔

#森下麻子

#安井彩子

#栁沢優子

#山口貴士

#山﨑有美

#山下孝治

山本真一


#吉村佳洋


(順不同・敬称略)


2019年


5月21日(火) 13時~17時   22日(水) 10時~17時 23日(木) 10時~17時             (入場は午後4時30分まで)

入場無料

名古屋美術倶楽部4階    名古屋市中区栄3-12-13    052-241-4356(代表)


以下HPより抜粋


陽春の候 ますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。

 株式会社名古屋美術倶楽部では、地元を中心とした鋭意ご活躍中の次代を担う先生方の発表の場として、また愛好家の皆様にお楽しみいただける美術展として 「名美アートアリウム 青美展」を開催いたします。70名に及ぶ日本画・陶芸・工芸作家に出品いただき、特別価格にて展示即売いたします。

 「青美展」は昭和60年頃開催していた同様の企画展です。伝統ある名称に「名美アートアリウム」を付け加え、新企画として復活させたものです。当時、日本美術院の重鎮であられた奥村土牛先生に題字をお書き頂いており、その題字をロゴマークとしても活用しております。  「アリウム」は arium、ラテン語を語源とし、プラネタリウムやアクアリウムのように「~に関する空間」という意味があります。art-arium という言葉は本展覧会を企画する中で生まれた造語です。まだ誰も使ったことのない言葉と歴史ある名称を併せることで、伝統を意識しながら前へ進み続ける作家たちが創りだすアートをご覧頂ける展覧会として名付けました。

 また、本展覧会は「創と造2019」との併催です。現代日本美術界の各分野を代表する作品群と、未来を見据える新しい力を一度にご堪能頂けるまたとない機会です。ご来場の程、お待ち申し上げております。

株式会社 名古屋美術倶楽部

http://www.meibi.or.jp/seibiten/2019/ichiran2019.html

出品画画像は↑こちらから見られます。

173回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.