top of page

2023年8月 第108回院展 本画研究会終わりました。

全国の日本画ファンの皆様、こんにちは!

日本画家 本地裕輔(もとじゆうすけ)です。


2023年8月に第108回院展の研究会が愛知芸大にて開催されました。


愛知芸大の校内はいたるところで、新しい建物が建てられていました。


今回は朝の8時からの開催でした。宮治さんは

6時ごろ?!到着されてたらしいです。


日中の気温は35度でした。


院展の研究会は

学部4年生のアトリエにて行われました。


自然光の入るアトリエで見る作品は違った見え方です。


先生方に作品を見ていただき無事に第108回院展の研究会が終わりました。

先生方からのご指導をもとに、院展の搬入までさらに描き込んでいこうと思います。



院展の研究会終了後に坂根輝美さんと

日本画についてのお話をすることができました。


坂根さんは私が1浪の時から予備校でお世話になっていた方で、私は坂根さんの近くの席に座り、花(ストックやチューリップ)の描き方などをこっそり見て自分の描き方⁈にしていました。笑


それでは、山口貴士さん、岸本浩希さん、

第108回院展の搬入に向けて

もうひと描き込みしましょう。


【おまけのはなちゃん】



夏の朝 近所の公園で「ひゃー」となる

はなちゃん

閲覧数:137回0件のコメント
bottom of page