検索

iPhone12ミニのポートレートモードがすごい。

2020.11月iPhone12ミニが発売されました。

本地裕輔は、iPhone12ミニなんと発売日に買い替えました。


2年間使ったXSとの使用感比較です。




また、64Gではやや少ないので

128Gを選びました。

また、本当に軽くて、ねりゴムくらいの感覚で持てます。

厚さはほとんど同じです。


画面の表示領域はアイコン一つ分が圧縮されています。

iPhone12ミニはiPhone7にホームボタンがないような感覚です。



充電はライトニングケーブルで、真ん中についています。


また、角が湾曲していないので、落としても画面が直接割れる可能性はかなり減りました。



もっとも変化を感じたのは、ポートレートモードで、XSは被写体から離れることで背景ぼかしができていましたが、iPhone12ミニではカメラを構えた位置からぼかしてくれます。


これは、かなり進化しました。

正直日本画を描かれるかたは、操作の軽さとこのポートレートモードだけでも充分変える価値があると感じました。


また、画面の照度も少しあがりました。写真上はどちらも明るさMAXの状態です。


写真上 XSのポートレートモードです。

背景はこの距離まで、引くと背景がぼけましたが、花が少し小さくなります。


写真上 iPhone12ミニ かなり近づいても大丈夫でした。XSでは、この位置だと「離れてください」の表示がでます。


ここまで、近寄れるのは衝撃です。。



写真上 iPhone12ミニ

この近さで撮ることが、できます。

飼ってる亀を、散歩させてみました。


iPhone12ミニで撮影

鮮やかな赤い葉をメインに撮りました。



水は、手前でもややボケてしまうのが残念ですが、アップデートを期待します。


iPhone12ミニで撮影


全体的にかなり

近寄って撮ることが出来たと実感しました。



人物と背景も

綺麗にボケ味がでました。

 



まだまだあまり近くだと、離れてください、被写体を近くに配置して下さいの表示は出ますがiPhone12ミニではかなり近寄れるようになった印象です。



また、写真上

広角モードですが、ミニのレンズは、かなり広く撮れます。





写真上 iPhone XSで撮影。


ブランコまでの奥行きを撮りました。




全く同じアングルで広角です。

ブランコまでの距離がドラマチックに再現されました。



また、iPhone12ミニはほんとに軽いので

手振れに注意しないといけませんが、買い替えを考えている日本画家の方は是非おすすめです。









72回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.