検索

日本画 描き方


日本画の描き方や技法、手順で、お困りの初心者の方、多いと思います。

画材や、岩絵の具、箔などの簡単な解説いたします。ご参考までにどうぞ。


●写真上 

日本画の基礎となる『大下図』の部分拡大写真です。

日本画の大下図はこのようにほぼ

『線描き』で構いません。

●大下図は本紙に移す時に『調子』は移せないので、機械的な線描きが向いていると思います。但し、アタリや、大まかなボリューム感を確認するために、調子を入れた方が画面が見やすい場合もあるので、適度な調子も場合によります。

大学の頃は、大下図で、デッサン的に描き込みすぎて、トレース後にあまりに線だけになり、ショックを受ける事もありました。

●写真の大下図の場合は、

『隈取り』で混乱しないように、

植物の葉の『調子の強い』部分にバツ印を描いています。

他の専攻の技法から応用しています。


●写真上

日本画の画材の『岩絵の具』です。写真の球体のガラス瓶に大体『6両』入ります。

名古屋市中村区にて製造されている瓶です。

日本画を描く際には水干絵の具と岩絵の具を、併用する事もあります。

●日本画の画材屋さんでは、1両単位で販売されています。

1両が約15グラムですので、90グラムは入ります。ちなみにコチニールなど軽い絵の具は画材屋によって『半両』買いもできます。

表現によって、岩絵の具の細かさを段階的に調整する必要があります。

●そのまま岩絵の具を使うこともありますが、本地裕輔の場合ですが、大抵は番手を変えてブレンドして、混色して色を作ります。

●この描き方は日本画の描き方の本などでは、オススメされていませんが、

違う番号も平気で混ぜます。

1、岩絵の具の盛り上がり方に複雑味が出る

2、岩絵の具の『混色』でしか得られないトーンがある。

3、水との加減で岩絵の具の特有のマチエルが、得られる場合がある

●↑そんな気がします。

※岩絵の具を塗る場合、

皿の中で岩絵の具を『撹拌して』塗るのが原則です。

時間が経つと番号が分離してしまいます。


●写真上 

日本画の筆と、刷毛、お皿です。

筆は色々なメーカーがありますが、

『得應軒』(東京)

『清震堂』(東京)

『不朽堂』(東京)

『ナムラ』(京都)

が、多く使われます。

●日本画を描く場合は刷毛も、なるべく『漆塗り』の刷毛がオススメです。

木のむき出しの刷毛は、傷みやすい気がします。

●マスキングテープも、日本画の描き方で実は岩絵の具で『直線』を描くのはとんでもなく難しいので、モチーフによっては、マスキングする描き方もあります。

『溝引き』は墨ならできますが、じつは『岩絵の具の溝引き』はあまり向いていないと思います。


●写真上 刷毛は3センチ程度の小さな刷毛から、25センチくらいの大きなものまで、様々な大きさがありますので、描く日本画のサイズに合わせて、使い分けます。

10号までの作品であれば、幅が10㎝くらいの刷毛で良いかもしれません。


●写真上 日本画の描き方で、最初に行う『墨入れ』

です。いわゆる『隈取り』ですが、

『隈取筆』を以外にも使いません。最初から先の効く筆で隈取りします。


●ポイントは、『薄墨』『濃墨』『水』を、使い分けることです。

墨はすぐに乾いてしまうので『ぼかし』にあまり時間をかけると、『にじみ』や、『調子の失敗』になります。

●慣れないうちは、このように目印で濃い墨と薄い墨が、すぐ分かるようにして置くと、失敗が減らせます。


●写真上 岩絵の具の上に銀箔を貼ったものです。

下の方が『波』の描写の上に銀箔が貼ってあり、箔が盛り上がった状態です。

●画面の上は箔を貼った後に『濡れ雑巾』で箔をこすり落とした状態です。

岩絵の具の『隙間』に箔が残る技法です。


●日本画の描き方には、色々な技法がありますが、この描き方は、ちょっと難しいのですが、岩絵の具に慣れてきたら、やってみてください。面白い効果が得られると思います。

●この描き方の際に、『アルミ箔』は、細かい粉を吸うと、病気になるかもしれないので、アルミ箔の値段は安いですが、オススメしません。


●写真上 『扇風機』と『サーキュレーター』も大活躍です。

●日本画の描き方の中では『ドライヤーの温風』はあまり使いません。

ドライヤーの温風は『しみ』や『岩絵の具のひび割れ』の原因になるので、自然乾燥が一番です。


●ドライヤーは岩絵の具の表面が先に乾き、中のにかわが、外の絵の具を引っ張り、田んぼのひび割れのような現象が起こるためです。

●どんなに急いでいても、温風は控えます。

『うちわ』もたまに使います。

tag 日本画 描き方 手順

#日本画描き方 #日本画

0回の閲覧

Copyright © 2016 Yusuke Motozi All Rights Reserved.